• ホーム
  • ブログやSNSも並行運営して認知度を上げる

ブログやSNSも並行運営して認知度を上げる

2019年04月23日

アフィリエイトをしながらユーチューバーとしても活動し、ユーザーからの親近感を得たり、宣伝効果を倍増するようにしている人もいます。アフィリエイト自体は多くの人にあまり理解されておらず、怪しいというイメージを持っている人も少なくありません。しかしこれはきちんとしたビジネスの方法なので、ユーチューバーとして顔を見せて活動することで、ユーザーに対して親近感を持たせチャンネルの持続力もつけるために活動します。
動画に宣伝を目的にした広告をはり、その商品が広告された時に収入が発生する仕組みです。使用している楽曲やカメラ機材、紹介した商品などのリンクをASPサービスから探し、動画の概要欄に貼り付けます。
動画を見たユーザーはそれらに興味を持って、購入することもあります。その理由としてそのユーチューバーに魅力があり、その人が使って見るものや持っているものを、自分も使って見たいという気持ちからも考えられます。その他動画内で流れているBGMが雰囲気の良いものであれば、今の曲はなんだろうということで気になるユーザーも出てきます。
このASPサービスから持ってきたリンクを通じて、サービスや商品が購入されるとそこから紹介料が収入として発生します。企業の代わりに広告を貼ることで、商品が購入されることが目的です。動画内で常に顔を出しているので、ユーザーから見ると親近感が湧きますしユーザーとの交流も可能です。このユーチューバーがいうのであればという気持ちにさせることが大切で、結果的に持続力の高いチャンネル作りに結びつきます。この交流を自分のものにするためには、動画のチャンネル登録者数が1000人以上で、1年間における再生回数が4000時間というハードルを超えることになるのでかなりの持続力が必要です。
アフィリエイトを行う場合は特に広告主に対して提携申請を行っていくことが大切ですし、その許可をもらうと登録者数がそれ以下になっていてもアフィリエイト広告を貼ることが可能になります。これによってあまりハードルが高くなく、誰にでも始めることができるのがこのシステムです。ブログやサイトなどと大きく違うことは、サーバーにかかる費用や、ドメインの料金も必要ではないので完全に初期費用がゼロで開始できます。広告の貼り方は企業から直接依頼をもらうことで、アフィリエイトパートナー専用のサイトから経由して登録します。
全てに登録し自分にあったものが見つかれば利用するというスタンスでいけば、どのような方向からも攻めることが可能です。たくさん販売したりその単価が高いほど紹介料が多くもらえる仕組みで、それなりの商品をピックアップすることができます。