• ホーム
  • 動画再生の収入の受け取りの流れ

動画再生の収入の受け取りの流れ

2019年06月30日
電話をかけている男性

ユーチューブで新しくスタートしたチャンネルメンバーシップという制度は、視聴者が一部のチャンネルに対して定額で毎月支払うことで、チャンネルのメンバーになるというシステムです。YouTube Premiumに登録するということもありますが、昔はスポンサーシップと言われていて、名前の通りスポンサーとしての費用に使われています。チャンネルメンバーシップになると、特典がいくつか付与されますが各チャンネルごとに加入することになるので、たくさん登録する人は膨大な費用が発生します。1つのチャンネルに登録することで、他のチャンネルのメンバーになれるわけではないので関連付けが不可能になっています。
特典を受けるにも課金をしている金額とは別に課金をする必要があるので、トータルで一つのチャンネルだけで8000円以上にも及ぶ可能性があります。年間でも20000円以上になるので、グッズ棚なども確認する必要があります。そこまで課金するユーザーを獲得するためにはコツがありますが、パートナープログラムなどを利用して進めていくこともできます。Google Adsenseで毎月8000円以上を稼ぐよりも、パートナープログラムを利用した方が簡単に広告を貼ることができます。
審査については簡単ではありませんが、基本的にはクレジットカードでの支払いになっています。中にはプリペイドカードで作ることもできる無料アプリがありますが、インストールをするにあたって手間がかかります。YouTube Premiumは誰もが登録している媒体ではないのですが、そこまでのファンをつけて加入してくれるケースも多いです。Super Chatはチャットをしながら収入を得ていく方法で、課金される額はユーザーによって違いますし、今日は課金しても明日はしないということが普通になります。
一定した額が決まらないので、Google Adsenseの方が有利だというケースも出てきます。関連付けされたチャンネルでチャンネルメンバーシップに加入するメリットもありますし、グッズ棚の特典が一番大きいといえます。Super Chatは特典がないですが、特典を得ることがメリットになっていると言えます。広告を貼り付ける際の審査が通ると、それなりのオリジナルバッジやシャツなどの特典を得ることが可能です。そのチャンネルによって特典も違うので、ユーザーの目線になって配慮することが大切になります。