• ホーム
  • YouTubeチャンネル数の増やし方

YouTubeチャンネル数の増やし方

2019年07月28日

チャンネル紹介動画はインパクトのあるものが良いとされていて、注目チャンネルであることをアピールするために有効です。説明することもなく見るだけで、注目チャンネルであることがわかれば多くを語らなくても済みます。キーワードを簡潔に組み込むことも大切ですが、どのようなユーザーに登録をして欲しいかなどを決めることも大切です。
関連チャンネルを持っているときは、その紹介もすることにより、ユーザーの流入を期待することができます。ユーザーが自分のチャンネルを再生リストに入れてくれるかは、チャンネル紹介動画にかかっているといっても過言ではありません。チャンネル数が多いほどその傾向が強くなり、更新頻度も重要になります。タイトルの関連動画は全て、ユーザーに対してどのようなメッセージを伝えるかをはっきりさせ、チャンネル紹介動画は比較的短くすることがポイントです。長くすればするほど、関連チャンネルまでたどり着きませんし興味を失っていきます。
伝え方次第で大きな差が生まれ、再生リストに登録されたりコラボ動画の依頼が来ることもあります。初めて自分のチャンネルに来てくれるユーザーに向けて、どのようなことを伝えたいのかを軸にし、動画の更新頻度を上げていきます。タイトルは基本的にユーザーを惹きつけるものにしますが、興味を持ってくれると次につながる可能性が高いです。チャンネル数が増えると関連動画の更新頻度も下がることになり、全体的に結果が出せなくなる可能性もあるので注意が必要です。人気のあるユーチューバーの影響力を借りて、コラボ動画を作成すれば関連動画として多くの人に知らせることも可能になります。
このような手法を用いながら、自分のチャンネルをアピールしていくことがとても大切です。主要キーワードは確実に取り入れておくことが大切で、訪れた時にどのようなチャンネルなのかを把握されることがポイントです。基本的なキーワードは概要欄の冒頭に入れるようにし、例としてユニークなキャッチフレーズを取り入れるとユーザーの目をひきやすくなります。
登録して欲しいことを促す言葉を使うと、曖昧な表現よりも好感が持たれることも多いです。さらにSNSなどのリンクを入れておくことで、ユーザーがチャンネルのことをもっと知りたいという欲を満たすことができます。説明文が他の端末でも正しく表示されているかが肝心で、スマホで見た時に見にくくなっているケースはマイナスに働きます。